隣の芝は どうしていつも 青いのか

誰かにとっての「隣の芝」になれるまで、言葉を考え、言葉に悩む。

039-2 「狂気」の先にあるもの~後編~

f:id:kobakkuma:20191106221414j:plain

 

11/3に行われた『さよならたりないふたり~みなとみらいであいましょう~』、

前回の記事に引き続いて、観た感想を残していこうと思う。

 

※前回の記事は こちら。 

kobakkuma.hateblo.jp

 

今回は、少しだけネタバレを含むことになりそうなので、TV放送で初めての"興奮"を

味わいたい人は、ご注意くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、第二部のスタートです。

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

僕にとって、山ちゃんも、若ちゃんも、どちらも心から憧れる芸人である。

 

山ちゃんの著書、『天才はここにいた』『天才はあきらめた』も読んだし、

若ちゃんの著書も結構読んだ。オールナイトニッポンの番組本も。

publications.asahi.com

www.kadokawa.co.jp

www.kadokawa.co.jp

 

books.bunshun.jp

 

どちらも、心から憧れているのは間違いないのだが、それでも、どちらかと言うと、

若林正恭という人間により強く憧れている自分がいる。

 

自分でも何故かは分からないが、若ちゃんの文章では涙がよく出るのだ。

 

 

なので、この公演の感想も、気付くと若ちゃんを主体にしたものになっていた。

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

TV番組『たりないふたり』の仕組みを知ってる人はお馴染みではあるが、

彼らは番組のTwitterアカウントを共有して、お互いにつぶやきを投げ合うのが

恒例だった。

 

この時点でもう、記事のタイトルにも挙げた「狂気」はスタートしていたのだ。

 

 

全くの情報解禁前にも関わらず、『たりないふたり』のアカウントを使って、

「11/3に、横浜で、何かある」ことを発信する若ちゃん。

 

 さらには、山ちゃん嫁へのいじり、グッズの情報漏洩、果てには伝説の枕詞、

「明日以降に情報解禁なのですが」Creepy Nuts書き下ろしの新曲までもが

オープンになっていく。

 

慌てる山ちゃん、企画の安島さん、構成のサトミツ氏、そして他たくさんの大人たち。

 

 

時間がある人は、是非このアカウントの9/20から11/3までの「文責・若林」に注目して

眺めてみて欲しい。およそ大番組のMCを務めている大人の行動とは思えない。

twitter.com

 

当日、舞台にはホワイトボードと会議室にあるような長机が用意されていて、

以前と同様、漫才の設定や流れの打合せ部分からお客さんに見せつつ、

本番の漫才を考えていく…のかに見えた。

 

 

 

そこで「狂気の男・若林正恭」が取った行動は衝撃的なものだった。

 

打合せ、漫才の設定に関して、9か月ぶりに再会した山ちゃんと一切話すことなく、

そのまま1時間超えのアドリブ漫才に入ったのだ。

(厳密には、フリートークと漫才と漫才コントの中間くらい?)

 

 

山里亮太ほどの能力者ならイケると踏んでいた、あるいは、山里亮太ほどの能力者を

舞台上でガタガタ震わせてやろうと思ったに違いない。

 

この進行に、間違いなく観客全員が度肝を抜かれたはずだ。

 

 


1時間以上ぶっ続けで行った漫才が終わり、2人で反省会をするパートになると、

おもむろに、、

 

「あ、あれ言いたかったんだよ、山ちゃんが結婚会見で最後に言ってた、

 『ご指導ご鞭撻のほど…』  あれさ、ちょっとやっていい?」

 

 

完全に「狂気の"ゾーン"」に入っている若林は、あろうことかもう1本、しかもこれも

1時間級のアドリブ漫才を始めたのだ。

 

 

ただ、この2本目の漫才パートで起きた事件が、二部構成の感想を抱かせるほどの熱量を

僕に与えることとなった。

 

 

1本目の漫才から、若ちゃんがSMの女王様&山ちゃんがM男に扮して漫才コントをする

件(くだり)があり、2本目でもその設定が継続される場面があったのだが、

 

 

女王様のトーンが少し変わるやいなや、

「今のあなたは勝ち組ですか? それとも負け組ですか?」と、

強烈な二元論のムチを放ったのだ。

 

 

M男は、少したじろぎながらも、自身のラジオ「不毛な議論」で結婚報告をした回の

ラスト5分のようなトーンで語り始めた。(めっちゃ感動的でした

 

 

先述の著書『天才はあきらめた』では、

「劣等感は最高のガソリン」「嫌いな奴を燃料にして、脳内で圧倒的な勝利を掴め!」と

"下から関節を極める"ような立ち振る舞いを明らかにしていた。

 

しかし、あの大女優と結婚することによって、いよいよ、富・名声・力・・

漫画ワンピースで言う "この世の全て" を手に入れ、「隠れとんねるず」になっているのが、

今のM男の社会的ステータスである。 

 

 

今まで自分が装備してきた、妬み嫉みその類いの武器で戦ったところで、

(嫁が蒼井優なのに)っていう枕詞が付いた瞬間、明らかにそれまでの形勢とは異なる、

上からのマウンティングと思われかねない。

 

しかも、大番組のMCを任され、後輩も増え、周りの対応はどんどん"ライオンMC"を

扱うような対応になっていて、きっとド直球には言われないレベルになってたんだと思う。

 

 

 

別にこれは彼らだけの話では無いと、僕は思っている。

 

僕の場合、自分の状況を誰かに言い当てられたときや、自分が思いそうなことを先に

誰かにアドバイスされたりすると、どうしようもなく涙が出そうになる。

その「誰か」は、決まって、自分がとても信頼をおける存在だ。

 

 

 

それまで2時間近く、筋書きの無いストーリーに巻き込まれ、「狂気」でギラギラした

若ちゃんと何とか対峙することで、この舞台を守ってきた山ちゃん。

 

かなり疲弊していた中で、不意打ちのような本質を突く問いかけ。

 

 

そんな状況下でも、逃げずに、リアルトーンで自身の "呪縛" を解き放ち、

次のステージに踏み出したこと、また新しい武器を探して戦い続けていこうと決意した

この瞬間こそ、何よりもこの公演のクライマックスだった。

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

同時に、僕はこの「劇薬・若林正恭を、どこかで見たことがあるなと思った。

 

 


そうだ、相方・春日のフライデー事件のときのラジオだ。

 

あのときも、むちゃくちゃキレているように見せて(実際めっちゃキレたんだろうけど)、

春日のことを週刊誌やワイドショーで変に弄ばれないように、93番(春日の嫁のこと)を

電話で登場させ、他でもない春日本人に謝罪させていた。

 

もはやあれはドキュメンタリーだったとさえ思う。

 

 

この時の放送は、本当に若ちゃんはとち狂っていた。

というか、この回よりもっと前から、ラジオでは「狂気」を放っていたのだけど。

 

 

 

若ちゃんの「狂気」は計算しているのか、はたまた感覚で転がっているだけなのかは

誰にも分からないが、 この「狂気」によって救われた人を、僕は少なくとも2人知っている。

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

打合せゼロ、完全即興だからこそ可能な脱線と、それによって辿り着いた奇跡的な瞬間。

 

若ちゃんの「狂気」は、カタルシスとも言える感覚をもたらしていた。

彼の著書を読んで涙を流していたのは、こういう要素も影響していたのかもしれない。

 

 

"たりない"という言葉が、こんなに前向きなものだったなんて思わなかった。

趣味の悪い先入観は、全く要らない。

 

そのことを、かつての "たりないふたり" から、力づくで教えてもらった気がした。

 

 

次の "たりない" ステージが2人には待っているはずだし、そこからどんな景色が見えるのか、

ノーガードで撃ち合う2人をまた見られますように。

 

 

さよなら?いや、こんにちは。

 

拝啓、新しい "たりないふたり" 様 へ。

 

 

毎度お読み頂き、ありがとうございます。

written by kobakkuma.

こばっくま (@kobakkuma) | Twitter

039-1 「狂気」の先にあるもの~前編~

https://www.instagram.com/p/B4ZWgvpHSyr/

満ち足りてしまった天才・山里亮太と、本当にたりない天才・若林正恭による、"たりないふたり"のライブビューイング!..楽しみすぎる!!!!...#たりないふたり #annkw #fumou954 #若林正恭 #山里亮太

 

 

11/3、17:30。

『さよならたりないふたり~みなとみらいであいましょう~』という漫才の公演を観てきた。

 

これがあまりにも凄くて、もう2日も経っているというのに、成仏されないおばけのように、

寝ても覚めても動くことなく、見終わった後の感情が、自分の中で渦を巻いている。

 

 

どうしようも無いので、とりとめのない感じではあるけれど、一度、文字という形で

冷凍保存をして、鎮めてみようと思う。

 

 

知らない人もいると思うのだが、かつて、『たりないふたり』というTV番組が深夜に

放送されていた。初めて放送されたのは、7年前。

 

"たりないふたり"とは、

南海キャンディーズ山里亮太(山ちゃん)と、オードリーの若林正恭(若ちゃん) のこと。

 

HipHopユニット・Creepy Nutsの言葉を借りれば、

「ないものだらけで ないものねだりな 最低のろくでなし」(『たりないふたり』)

 

そんな2人である。

 

続編である『もっとたりないふたり』が放送されたのも、もう5年も前になる。

 

 

 

この月日は、もはや彼らを "たりないふたり" では無くしているように見えた。

 

山ちゃんは、相方しずちゃんとの関係を修復し、M-1にも挑戦、スッキリの"天の声"を

見守り続け、そして今年、全国を驚愕させた大女優さんとの結婚。

 

若ちゃんは、人見知りを笹塚のガールズバーに足しげく通うことで克服、一人旅にハマり、

深夜にバスケをしながらも、ラジオ番組の歴史に確実に残るであろう、24分の長尺漫才を含む

番組イベントを、日本武道館で大成功させた。

 

 

この2人の状況として大きく異なっているのは、

1人でラジオをやっているか、コンビでやっているかの違い、

もしくは、1人で生活しているか、2人で生活しているかの違いくらいだ。

 

 


そう、おそらく多くの人が思っていた視線と同じことを、僕も思っていた。

 

- 山ちゃんはもう、足りちゃってるどころか、満ち足りちゃってるんじゃない?

- 若ちゃんは、、、どうなのかな? 山ちゃんと横に並んだら、ねえ・・・

 


でも、公演が終わった後、こんな趣味の悪い先入観は全くもって不要だったことを

思い知らされた。自分はなんて浅はかだったのか。。

 

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

完全に誰の得にもならないのですが、書いていたら止まらなくなってしまい、

結構長くなりそうなので、ここで一旦切ることにします!

 

続きは、また明日かな~。

 

 

 

毎度お読み頂き、ありがとうございます。

written by kobakkuma.
こばっくま (@kobakkuma) | Twitter

038 暗闇

音楽は立体である。しかし、視覚はそれを見えないようにする霧だ。

 

入場する際に配られたレジュメには、こう書かれていた。

f:id:kobakkuma:20190812222130j:plain


サカナクションが、あいちトリエンナーレ2019で披露したライブは、
これまで数々の革新的なライブを構築してきた彼らの中でも極めて異色なもの
だったと思うし、「音楽の体験の仕方」というものを考えさせられるような
空間だった。

 

なぜなら、そのライブが、あらゆる光を遮断して実現した、
「暗闇の中でのライブ体験」だったからだ。


レジュメの文言。
文字でこう書かれると、分かった気になるのは簡単だと思う。
立体かどうかは分からずとも、目を瞑り、イヤホンだけで音楽を聴く行為をすれば、
その意味するものに近づくことは出来る。

 

ただ、この「暗闇ライブ」は、そういうことでは無かった。
自分の意志で目を瞑って視覚を遮るのでは無く、光を完全に遮断することで、
視覚を無効化する環境を生み出し、その中で圧倒的な音圧の音楽を受け止めるという
体験だった。

 

サカナクションお得意の6.1chサラウンドシステムでは無かったものの、
220度のサラウンドと、ドイツのスピーカーシステムを導入することでの、
音への没入感、そして暗闇。

 

 

目を開けているはずなのに、見えない。
自分の手をすぐ目の前に差し出しているはずなのに、輪郭すら見ることが出来ない。
瞬間的に放たれた光を網膜が捉えて残像にするけれど、瞬く間に、その残像が
闇に飲み込まれていく。


そんな暗闇で鳴る音に対して、始めのうちは音の鳴る方向だけを必死に追いかけていた
自分の感覚も徐々に慣れてきて、その奥行き、距離感、気配なんかを感じ取れるように
なっていく。


普段から美術館に行ったり、アートに触れているようなタイプではない類の人間でも、
自身の感覚が自然と順応していくのが分かる。



ライブは、プラクティスセッションと本編四幕で構成されていた。

基本的に最初から最後まで圧倒されっ放しだったのだが、特に圧巻だったのは、
第四幕『闇よ、いくよ』。

この四幕だけは演出なしの完全暗転、すなわち「音楽と暗闇だけ」が存在する時間だった。



これまで、サカナクションに限らず、様々なライブやMVを見たりしているから、
こうして目の前が何も見えないとなると、次は自身が過去に見聴きした映像を脳が無理やり
引っ張り出してきて、視覚の代わりに用意しようとしてくる。

この曲調ならあのアーティストのツアー、この感じならあのグループのMV、、
曲調に合わせてぼんやりとした映像を、ご丁寧に添えてくる。

しかし、そこで鳴っている音楽がその映像にマッチするはずが無いので、
段々とその映像も揺らぎはじめてくる。


すると、ついには、勝手に自分の頭の中でMVを作りだすような遊びを始めるのだ。


この時、僕は冒頭の言葉、"音楽は立体である" を、初めて実体験として
認識することが出来たような気がした。

もちろん、個人の感じ方の違いがあるから、あの場にいた観客1人1人の受け止め方は
あると思うけど、少なくとも、僕はこんな受け止め方をした。


前のツアー『魚図鑑ゼミナール』で、サカナクションのボーカル・山口一郎は、
こんな発言をしていた。

「こんな技術を使ってこんなことをしてみようでは無く、こんなことをしてみたいからこの技術を使ってみよう」


まさに、この あいちトリエンナーレ2019 「暗闇」はその精神がガッツリと
反映されていた公演だったと思う。

他にも、一幕の傘を開くシーン、二幕のお茶の香り、三幕の鈴・和太鼓・拍子木で
スタートする厳かな感じ、、感嘆したことを挙げだしたらキリがなくなるくらい。


並大抵の発想では出来ないだろうし、実行に移せるだけのテクニックが無いと
実現は不可能。


改めて、こんな貴重な体験をさせてくれたチームサカナクションには感謝しか無いし、
もうほんと、ますます尊敬していくよね・・。


同時に、どんどん先の時代に進んで行ってしまうので、リスナーとしても
振り落とされないように付いていかないと!




最後に、終わった直後、金八先生みたいなことを言っていた自分のTweet
載せて終了にしたいと思います。

もしここまで計算して"闇"というテーマにしていたのだとしたら、
マジで変態集団だと思う。(褒め言葉)

 

 

今日もご愛読、感謝です。
written by kobakkuma.
TW:@kobakkuma

037 考える遊び

最近また、朝の通勤で新聞を読むのにハマっている。

 


きちんとしたビジネスマンなら、ハマる/ハマらないとかではなく、

当たり前に新聞は読むものなのだろうが、あいにく僕はその部類じゃないので、

気分で決めている。

 


ただ、一度決めたら少なくとも1ヶ月は続けると決めている。

 


毎日読むことで、その時の日本や海外の国で、何が起きているのか起ころうとしているのか、

社会の動きみたいなのを、なんとなく知ることが出来るからだ。

 


最低でも1ヶ月と決めているのは、その動きが1週間、2週間の単位では中途半端だからだ。

 

もちろん1ヶ月でも中途半端だとは思うが、それ以上追いかけるのは、正直キリが無い。

 

新聞を読みたくなっているまさにそのタイミングで読む方が、自分の中への状況の吸収も早い。

 

 

僕がその"気分"になるときは大抵、自分の会社が情けない状況になっているときだ。


仕事がたて込んで、自分の会社のことだけを見ているとき。

それがあまり良い状況じゃないということを、僕は知っている。

 

 

新聞はそんなときに、考えるネタを提供してくれる。

 

-「●●社が事業拡大の一環として▲▲の開発を開始」
-「スタートアップ企業の××が■■と連携して★★の研究に着手」

 

 

(自分の会社だったら何が出来るだろうか。)

 

(そういう食いぶちの模索も必要だよな。)

 

(4年後にあれがあるよなあ、それに向けた準備とか、自分の会社はやってんのかな?)

 

 

こんな感じで、新聞を読みながら、自分の会社に置き換えて考える遊びをしている。

 

だから、興味のある記事しか読んでいない。

 


(高校や大学の同級生には、記者になった友達も結構いるので、

あまり言うと怒られてしまいそうだね。ごめん。)

 

 

そして、その考えた話をネタに、会社で上司や先輩に文句を言うのが

僕のストレス発散法なのだ。

 

 

きっと新聞を読みたくなるときは、知らず知らずのうちに

ストレスが溜まってるときなのだろう。

 

 

文句を言わず、読んで考えたことを計画して実行に移せるのが、

きちんとしたビジネスマンなんだろうけどね。

 

ストレス発散に新聞を使ってるようでは、まだまだ半人前。

社会人生活9年目に突入してるけど、人って、なかなか成長しないものです。

 

 

 

 
f:id:kobakkuma:20190527225526j:image

 

京都の七条通りを歩いていたときに見つけた看板。

 

「ほこうしゃ」のフォントと、歩行者のイラストのおデブ感が秀逸な気がして

思わず撮影してしまった。

 

 

もっと遊びになるようなことを増やしたり、面白いと思う感覚を養っていこう。

(文才もね。)

 

 

今日もご愛読、感謝です。
written by kobakkuma.
TW:@kobakkuma

036 「トゥース」の意味

昔からよくラジオを聴いている。

 

特に長く続いている番組であればあるほど、テレビでは見られないような一面や

言い回しを聴くことが出来て、誠に勝手ではあるのだが、その人が同じ人間だということを

信じることが出来るのだ。

 

 

子供の頃は今とは比べ物にならないくらいテレビっ子であった。

ドラマが大好きで、中学受験をしたとき、月9のためにテストが終わったらさっさと帰って、

昼寝までして臨んでいたこともあった。

 

もちろん、その頃にはYouTubeなんか存在しなかったし、インターネットだって

こんなにお手軽なものではなかったから、享受する娯楽としてテレビは圧倒的な強さを

誇っていた。ゲームが下手だった自分には、特にそうだった。

 

だから、子供ながらに、そこに映っている芸能人は別の世界の人だと、心のどこかで

思っていた。収録のカメラの赤ランプが消えれば、ノーマルな個人に戻る。

それがTV Showというものだと思っていたし、僕にとって、それが良いとか悪いとかは、

別の次元の話だった。

 

しかし、ラジオで喋っている芸能人たちは、そういう僕のイメージを崩してくれた。

深夜ラジオは特にそうだった。それを最も強く思い知らせてくれたのは、間違いなく

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』なのだが、他のパーソナリティーも、

テレビでは言わないこと・言えないことを、ラジオではよく話しているイメージがある。

 

そういう芸能人は、なんとなく信じてみたくなるもので、今回書こうと思っている

「オードリー」もその1組にあたる。

 

 

 

前置きが長くなった。

今回は『オードリーのオールナイトニッポン(以下、オードリーANN)』について

書きたいと思っている。今、深夜ラジオの番組において、テレビとラジオで

見せる表情がここまで違う芸能人も珍しい。

 

2018年の3月、番組が10周年を迎えることを記念して、全国ツアーを行うことが発表された。

そのファイナルが1年後の2019年3月2日、日本武道館で行われることも、同時に発表された。


先行抽選が始まるやいなや、1年後の自分がどこに居住してるかも分からなかったが、

とりあえず応募した。リトルトゥース(オードリーANNリスナーの呼称)歴としては

中くらいの僕だったが、こんな歴史的な瞬間を見逃すわけにはいかないと、

憚らず先行抽選に応募した記憶がある。

 

イベントそのものは、もう既にいくつものメディアで取り上げられていると思うので、

プロのライターさんが書いてるものを読んでもらえればその内容の分厚さが分かると思うが、

 

僕が今回書きたいと思った動機の1つとして、先日発売された番組本

『オードリーとオールナイトニッポン 最高にトゥースな武道館編』 (扶桑社ムック) に

書き下ろされた、若林のエッセイにいたく感動したからである。

オードリーとオールナイトニッポン 最高にトゥースな武道館編 (扶桑社ムック)

オードリーとオールナイトニッポン 最高にトゥースな武道館編 (扶桑社ムック)

 

 

過去のブログのエントリーにもある通り、僕は若林の書く文章がとても好きである。

 

自分と世界の見え方が同じはずもないのに、何故か共感してしまう部分がある。

さらに、その部分を自分では思いもつかない言葉遣いで表現していくので、

読むたびに尊敬してしまう。(ちょっとヤバい奴なんだろうね、きっと。)

 

若林の過去の著作、『完全版 社会人大学人見知り学部卒業見込』(角川文庫)の中で、

芸術家・岡本太郎に関する章があるのだが、こんな一節がある。

 

あの『太陽の塔』には余白が無い、つまり岡本太郎氏のエネルギーが十分に

あのオブジェに達していることを受けて、

3分の漫才は出来ても、30分の漫才は演者本人のエネルギーが30分に達していないと、どうしても間延びするだろう

これが2010年の記事である。

 

 

時間を今に戻して、2019年、3月2日の日本武道館で、オードリーは30分の漫才を、

(正確には24分だったが) 会場の12,000人と、映画館で見ている10,000人、合わせて

22,000人に披露した。

テレビではきっと見ることの出来ない、24分間延びしない漫才を、彼らは披露したのである。

オードリーは、そのエネルギーを披露する場所として、リスナーの前を選んだのだ。

 

自分は漫才を作ったことが無いから、あの日までに構築され、あの瞬間に放たれた

エネルギーがどれ程のものだったかは分からないが、計り知れないほどの熱量が

そこにあって、22,000人全員にそれが届いているのは間違いなかった。

 

若林はオードリーANNに対して、"自分が一番救われてきた自負がある"と、同エッセイで

述べているが、おそらく、多くのリトルトゥースは、若林のそういう姿勢に生き甲斐を感じたり、

救われたと感じているのだろう。

f:id:kobakkuma:20190429171638j:image
f:id:kobakkuma:20190429171704j:image


もう既にネットの記事で見た人も多いだろうが、相方・春日が、4/18(木)の「モニタリング」で、

以前から「狙ってる女」としてリトルトゥースにはお馴染みだったクミさんへプロポーズをし、

無事結婚することが放送された。

 

そのプロポーズにおける春日の『手紙』には、多くの称賛があった。

相方の若林も鼻水を垂らしながら号泣していたし、あの南海キャンディーズ・山ちゃんも、

自身のラジオで「オードリー、次のステージへ行きやがったな…」と、"嫉妬お化け"っぷりを

隠せないくらい、見事なプロポーズだった。

 

 

 

それでいて、翌週の週刊誌報道が金曜(FRYDAY)に明るみになり、平成最後となる

4/27(土)のオードリーANNは荒れに荒れた。

 

荒れはしたのだが、放送事故ではなく、あくまで間もなく放送500回を迎える

オードリーANNの中の1回に留められる範囲だった。その範囲で収まったのは、

明らかに、若林の激昂と平穏のバランス感覚と、クミさんを電話で登場させることも

含めた構成の力によるものが大きい。

 

この番組の制作陣「チーム付け焼き刃」(どきどきキャンプのサトミツも含めて)も、

相当頭を悩ませたんだろうと思う。プロポーズの10日前にあんなことをした春日を

決して甘くせず、叱責し、なおかつ、番組として成立させるのは生半可な構成ではない。

 

しかもこれは同時に、テレビのワイドショーで簡単にもてあそばれないようにするという

楔にもなっている。他でもない春日本人が自ら語り、クミさんにも謝罪をしたのは、

週刊誌でも、ワイドショーでもない。この番組だけが真実なのだ。

 


きっとそこまで考えて、あの日の放送は組まれていたんだと思う。

春日はそれどころじゃなかったと思うけど。

 

 

まあこれは半分くらい妄想だが、もしそうだとするならば、春日は嫁も含めて

この上ない人たちに出会っているんだから、もう金輪際、裏切るようなことはしないで欲しいし、

改めて、若林正恭という人物に尊敬したくなってしまう。

 

武道館のイベントにおいて、カーテンコールの時、若林は「最高にトゥースでした!」と

言い放っていたが、番組本によれば、どうやら「トゥース」はギャグではなく、

アメフト部時代に使っていた集合の合図だったらしい。

 

 

 

またこれからも、土曜の深夜、ラジオの前に集まろうと思った、一リトルトゥースなのでした。

  

今日もご愛読、感謝です。
written by kobakkuma.
TW:@kobakkuma